宍戸錠さんの役者魂?豊頬手術で悪役として開花!除去も。

宍戸錠豊頬手術

宍戸錠さんが86歳で亡くなられました。
かつて役作りのために豊頬手術をしたときは話題になりました。
もともとイケメンで2枚目で売っていましたが悪役としてもっと輝きたい!と
自ら豊頬手術を受けられたのです。

宍戸錠さんが豊頬手術を受けたきっかけは?

2枚目でやっていくだけでは悪役としては大成しない!とすすんで豊頬手術を
受けてせっかくのイケメンがふてぶてしい顔を手に入れて、結果として悪役スターとして大成。

石原裕次郎さんや小林旭さんというスターに劣らない人気で

日活で「エースのジョー」として大人気俳優に。

宍戸錠さんは豊頬手術だけでなく除去手術も受けていた!

映画だけでなく、バラエティーにも活躍の場を見出した。
2001年3月に頬を膨らませていた物質を除去しました。

除去手術のときには、頬に注入していたゼリー状のオルガノーゲンは石灰化!
メスを通すのも大変な手術だったそう。

テレビで除去後の姿を現した時も話題になりました。

宍戸錠プロフィール

名前:宍戸錠(ししどじょう)

生年月日:1933年12月6日

出身地:大阪府

血液型:B型

日活ニューフェイス第1期生

2010年1月21日死去発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です